忍者ブログ

[PR]

2017.08.17 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

戦国終わらず・15

2010.11.16 - 戦国終わらず
いい加減、こう各勢力の腹の探りあいみたいなのだけでなく次の戦のシーンに入りたい…
あらすじ:大坂夏の陣で、徳川家康が真田幸村らに討ち取られた。さあどうなるの?
これまでの話          10 11 12 13 14

松平忠昌が北ノ庄で切歯扼腕していた頃、兄の松平忠直と立花宗茂の二人は未だ江戸にいた。
そしてちょうど立花直次が北ノ庄に戻っていた頃、立花宗茂は伊達屋敷で真田幸村と会っていた。
「立花左近将監宗茂にござる」
「真田左衛門佐幸村にござる。立花殿の異名は遠く某の耳にも聞き及んでおりまする」
「何の、某こそ、大坂での真田殿の獅子奮迅の働きぶりを目の当りにした。今やその真田殿と轡を並べることができ、これほどの幸甚はござらん」
互いに世辞、ただしある程度は本心からの世辞、をかわした後、しばらく黙りこむ。
真田幸村は今や徳川幕府の屋台骨といっていい伊達政宗の配下である。配下となってからの日は極めて浅いが、信用度の高さは群を抜いていた。
一方、立花宗茂は伊達政宗の対抗勢力とも言える松平忠直の配下である。こちらも日は浅いが、忠直が参加している主な公式行事のほとんどに付き添っていることから、こちらも信頼度の高さは相当なものである。
同じ徳川家所属ではあるが、勢力は微妙に違う者同士である。腹を割って話し合えるという間柄ではない。むしろ、互いの出方を牽制する必要が高い状況といえた。
「…伊達殿の狙いは何か?」
沈黙を破ったのは宗茂の方であった。
「はて、狙いというのはどういうことでござろう?」
「ここには貴殿と某しかおらん」
「……」
「某は、こうした中で聞いた話を外に言いふらす男と思われておるのか?」
宗茂の言葉に幸村は微笑を浮かべた。こと信義、という点にかけては立花宗茂ほどの律儀者はそれほど多くない。
「某にもはっきりとは分からぬ。共にするようになって日も浅いのでな。ただし」
「ただし?」
「現時点で、越前様が危惧されるようなことにはならないと考えておる」
「はて、越前様が危惧されるというのはどのようなことでござろうか?」
宗茂の言葉に、今度は幸村が苦笑いを浮かべた。
「某はそれほどの律儀者ではござらんが、ここでの話を他言することはござらぬ」
幸村の言葉に、宗茂は首を左右に振る。
「いや、某が貴殿を信用するしないに関わらず、貴殿の言う危惧という内容がよくは分からぬのでござる」
宗茂の言葉に、幸村は不機嫌そうな顔をした。だが、堂々巡りを続けるのもムダと判断したか溜息をつく。
「…少なくとも、今、将軍様をどうこうしようということはござらぬ」
「ほう。そういうことでござるか」
宗茂はそう言って、からからと笑う。ますます幸村の表情が険しくなる。
「立花殿、貴殿は某をバカにしておられるのか?」
「いやいや、これは失敬した。そのようなつもりはござらん。真田殿が勘違いをしているのが不思議だっただけでござる」
「勘違い?」
「越前様は別に将軍様に好意を抱いているわけではござらぬ。何せ父親同士の葛藤があったゆえの」
「……」
「真田殿、ここまでは他言無用でござるが、ここから先は他言していただきたい。越前様と伊達殿の面会の機会を設けていただけぬか? できれば某と真田殿も出られる状況であると助かるが」
「…どういうつもりか?」
「物事には順番というものがござる。今、前田が越前を狙っておる…と見せかけておそらく飛騨に進攻するつもりでござろうが」
「…左様でござるな」
「現在、徳川家は将軍様、伊達殿、越前様の三つに分けられようとしている。この三つが互いに争うのは豊臣家を利するだけでござる」
「その豊臣家も一枚岩ではござらぬがの」
「ま あ、そう見ることもできるが、現時点では一枚岩といっていい。あとは勢力としては島津が勝手に動くのであろうが、少なくとも徳川と豊臣の戦いでは徳川が不 利でござる。戦力としては依然徳川が上であろうが、このままの状況では豊臣方に好き勝手やられてしまう可能性がござる」
「……」
「あるいは越前様と上総介様も最終的には相争うのやもしれぬ。しかし、現時点では手を取りあうことに一理あるのではござらぬか?」
「……」
幸村はしばらく考える。
もちろん、宗茂の言わんとするところは分かる。一旦、徳川家康の手によって戦国時代は一つになりかけた。一つになる、ということは実力よりも秩序が重要視される時代である。その中で手腕を振るったのが徳川秀忠であり、彼の寵臣達である。
しかし、家康と秀忠がいない以上は秩序のある世の中は期待できない。ということは元の実力勝負の話に立ち戻ることになる。この実力勝負の世界になってくると、結局力が物を言う。
力が物を言うとなると、家光の周りにいる者はいかにも心もとない。しかも、その面々が秀忠の時代と同じ意識で実力者の戦力を削減することを目指す可能性がある。その最たる被害者が松平忠直の父結城秀康であり、今後そうなりうる者が伊達政宗といえた。
「…簡単に答えられることではござらぬな」
幸村の計算としては、政宗と忠直が組むのは悪いことではなかった。共に戦闘力という点では十分であるし、連合して家光に当たるというのは、家光個人がどうこうというよりも取り巻きの陰謀から逃れることができる。
ただし、問題があるとすればその二人が勝利した後、果たして松平忠直と松平忠輝のどちらが有利かということである。
(どちらかというと、上総介様の方が不利か…)
手 柄という観点で行くと、伊達政宗の下にいる忠輝と、自分が前面に出る忠直とでは後者が有利である。事実、忠直がここまでの発言力をもつに至ったのは、全て 夏の陣で自分と毛利勝永を食いとめ、東軍の全軍崩壊を防いだことにあった。もちろん、最終的に整然と退却させたのは伊達政宗の功績であるが、それは忠輝の 手柄とはならない。
(最終的に同じくらいの力を得たとすると、当主の声望という点で越前の方が有利。まあ、それでも現在の将軍よりはいいのであろうが…いや、待てよ)
幸村の頭にピンと閃くものがあった。目の前の宗茂を見ると穏和な様子で幸村を眺めている。その優しげな表情には、自分の提案が伊達政宗にとっても有利なものである、というような様子も伺える。
「…とりあえず、話は通しておきまする」
「かたじけない。それで…」
「まだ何かござるか?」
「おう。これこそ真田殿としたい話でござる」
「…はて?」
「前田の小倅にお灸を据える方法の相談でござるよ」
宗茂の言葉に、幸村はにやりと笑った。
PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
HN:
川の果て
性別:
男性
自己紹介:
Favorite Team
 Americanfootball
 Chicago Bears
 Jacksonville Jaguars

 Football
 Leeds United
 FC Dynamo Kiyv
 IFK Goteborg
 VfB Stuttgart
 Shonan Belmare
 etc...

 Baseball
 Tokyo Yakult Swallows

 アンケート 
 兄弟?ブログ 
管理人専用・管理ページへ

Otava
Twitterをまとめてみたもの。
 あけるなるの部屋 
 最新コメント 
[10/16 川の果て]
[10/16 Grendel]
[10/13 アッペルシーニ]
[10/13 セパック ボラ]
[10/10 緑一色]
 Twitter 
 カウンター 
  
あわせて読みたい
 アクセス解析 
▼ リンク
リンク

阿呆LOG

もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

off  the  ball

地理屋の思いつき

フットボール一喜一憂

キングのオキラク蹴球記

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

破壊王子流勝手日記

加賀もんのブログ

ニセモノのくせに生意気だ

時評親爺

UMATOTO2号館・本館

コグログ

スコログ

スポーツ井戸端会議+α

おちゃつのちょっとマイルドなblog

自分的な日常

しろくろひつじの見る夢は

スカンジナビア・サッカーニュース

Ali della liberta (in Stadio)

ごったでざったなどぶろぐ

一期一会~人と人との出会い~

オレンジころころ

◆ Football Kingdom ◆

What's On...

あんとんきちなダンナ

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

漠々糊々

大門の日常

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

アロマサロンを開いてみて

【しろうとサッカー研究所】

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

ペッタンコ星人

RYAN ROAD

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

スポーツ瓦版


休止中


がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

なんでも。


流れ星におねがいするのニャ!

フットボール問わず語り

Skandinaviska Nyheter ~スカンジナビア・ニュース~

Renaissance 復興の記

ひとりごと記録

フットボール言いたい放題

ごった煮

Star Prince JUGEM

プレミア “F"

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

A lazy life

思いつくまま

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪

九州っこ





▼ 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
▼ ブログ内検索