忍者ブログ

[PR]

2017.06.26 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

続・サッカーライターについて

2010.08.16 - サッカー
一昨日唐突にサッカーライターに関するブログを書いたのは、Twitterで中々面白いことを書かれているKet Seeさんの話に乗ってみたのですが、それ以降もちょくちょく面白い流れが続いているようでして、本人のブログの中にもありましたので、更に乗ってみることにしました。

書評: 木崎伸也 「世界は日本サッカーをどう報じたか」(KET SEE BLOG)


書評については本そのものを読んでおらず、また後述しますとおりあまり読む気もないので譲ります。
興味のある方は読んでいただいて、以下の私の意見が違っていたら指摘とかいただけると有難いかなと。

まず、私はこの木崎伸也氏というライターの経歴をこれまで全然知らなかったのですが、初めて「Numberに木崎氏というライターがいるんだ」と認識したのは下の記事でした。


ガンバ大阪が西野監督を 解任しない理由。

んで、これについて「ネタかな~」と思いつつも、氏の意見を見たのが初めてでした(と認識していた)ので、とりあえず真面目に「ガンバ大阪というクラブの規模を勘違いしてない?」という私見を書いたりしました。

七夕の日の小ネタ(川の果ての更に果てに)

ちなみに…

これを書いているのは木崎氏というライターのようですが、これと全く同じテーマでボルシアMG(一時期強かったがスタジアムのキャパ上の問題からビッグクラブになれなかった)を愛しているという金子達仁さんあたりの意見も伺ってみたいな~とも思いました。結果より内容重視というあたりもガンバとボルシアMGは似てますしね。

なんていう一文がついていますが、当時は氏が金子氏の門弟にあたるということは全然知りませんでした。別に特別皮肉を利かせたつもりはありません(笑)

で、以降は時折Number系のコラムで氏の名前を見たわけですが、細かい突っ込み以前に上記のような「そもそもその前提に錯誤がない?」っていうのが多くて、何かあまり読むのが面白くないな~という印象を受けておりました。
この点では読みながら、「いやいや、それ日本(岡田監督)だけの問題じゃないから。あなたの好きなスペインにだってあるから」っていう突っ込みが出てきて、思わずそれを書いてしまいたくなる杉山茂樹氏の方が書き方はまだ巧いのかなと。

ということで、そもそも「ライターとしてどうなの?」というイメージを持っている人なので、あまり本を買いたいという気も起きないわけですが、書評を読んでみても首を傾げるところはあります。
といっても、その本の中というのではなくて、上にあるガンバに対する話と比較しても。

だって、上のガンバの話だと内容より結果重視(西野サッカーの内容について全面的ではないが、内容があることは示唆している)だと書いている風にとれるのに、新しい本では「結果は出したが、世界の潮流から遅れてる」ってなこと書いてるっぽいもん。
そうなると、「結局どっちなんだよ」の一言くらいは言いたくなります。

まあ、私もネタとか書いたりする場合に応じて立ち位置を変えたりしますし、代表に関しては内容か結果のいい方を見るようにしているのでやはり人のことは言えないのですが(クラブの試合は内容とか結果関係なく見たまんまの感想が多い、と思う)、少なくとも上の話を踏まえた上での書評の内容などを見ていると単なる粗探し以上の何者でもないような気がしてなりません。

「勝者はただ祝う。敗者は言い訳を探す」ってな言葉があるのですが、何か今回のワールドカップに関しては、一般のファンはただ祝っていて、負けた側…というのは語弊があるのですが今回時代遅れの戦術で惨敗するはずというアテが外れた通の方々は言い訳を探してるんじゃないかという印象を受けてしまいます。
個人ブランドという話をKet Seeさんはされていましたが、どちらかというとその悪い側面といいますか何だか個人ブランドを守るための言い訳を、それも別の人達の口を借りてやってるのかなぁと(これに関しては「読んでもいないのに言い過ぎ」って批判はありえます)。
何だかセコさみたいなのを感じます。


ちなみに蛇足ですが、Twitterにありました、「サッカーライターの書く本が売れるようになるには?」みたいな流れについて個人的な意見を述べるなら、単純に「色々な知識があって、参考になる本を出してもらうしかないんじゃない?」という以外にはないかと思います。
私の場合は、サッカーのみ見ているわけではなく、監督にもサッカーライターになりたいわけでもありません。アメフットもボクシングも見ますし、ぶっちゃけそれ以上に歴史とかの方が好きなので少なくともそういう分野の本と比較して、より面白そうであったり、勉強になりそうならば買うということになりますし、そうでないなら特別買う理由はない、ということになります。
だからサッカーとしてのスタンスがどうこうというよりも単純に他分野の著者と比べて、より知識が多岐に渡っていて、面白くて、ついでにユーモア等も溢れていれば買うだろうということになりそうです。ただ、正直サッカー書いてる人にそういうのがある人というのはあまりいないんじゃない? というのは前回書いたとおりでして正直サッカー批評とかにしても立ち読み以上のレベルまで行くつもりには中々なりません。あくまでサッカーのみのこととして話が進み、そのまま解決しているので、サッカーが詳しくてかつ好きである人のみしか受けつけないんじゃないかという印象があります。
もちろんそれも一つの方向性でそれがいい、という人はもちろんいるかと思いますし、そうでないとしてサッカー批評みたいな立ち位置のものがあるのもいいとは思いますけれど、ライターの大半がその方向性のみになってしまうというのは個人的にはあまり好きになれません。

世間は「サッカー好きだけど」という人が大半だろうと思います。少なくとも私はそうです。
だからサッカーだけ書いてある本については他分野と比較して面白くないなら買いません。それで「お前は真のサッカーファンではない」といわれれば「あ、そうですか。真のファンの意味が分かりませんが、自分はファナティックにサッカーを追いかけてるのではないのでそうなんでしょう」と答えるしかありません。

仮にそうなったとして、その方向があんまりいいものだとは思わないですが…


PR

Comment

こっちも人材不足なんですかね - 破壊王子

2010.08.16 Mon 23:48  [ EDIT ]

フォローありがとうございました。どうもまだ使い方がよくわかっていないのでここで御礼申し上げます。

スポーツ系ライターというとどうしてもあのU・R氏を思い出してご飯噴いちゃうんですけどね。追悼文で人名間違えるなんて致命的ですし。(しかも誰も注意しない。私は出禁なので笑うだけです)。
スポーツじゃないですけど、雑学でちょっと有名になったはいいけど、盗作が2度もばれて、ガセも一杯見つかったトリビアな人とか、ある団体から裏金もらっていたのを懺悔した元プロレス雑誌編集長とか、書くものよりも当人の行動が面白い人はいるんですが(笑)

>破壊王子様 - 川の果て

2010.08.17 Tue 00:03 URL [ EDIT ]

いえいえ、Twitterの方でもよろしくお願いします。
Twitterの使い方は私もまだ満足に分かってません。リツィートと返信の組み合わせがまだイマイチ…

そういわれてみると野球とかも微妙な人が多いかもしれませんね。U・R氏は確かに困ったものかと思いますが、他の分野でも他人の意見を受け入れる度量のあるライターさんというのはあまりいないような気もします。

例外を探すならボクシング殿堂に入ったジョー小泉氏ですかね。ただ、あの人の場合はマッチメーカーもやっている人なので単なるライターという範疇ではくくれないでしょうし。

K氏 - セパック ボラ

2010.08.24 Tue 18:58 URL [ EDIT ]

現在発売中のNUMBERの本田へのインタビュー記事が、「自分は選手に誰より近い位置で本音を聞き出している!」という臭いプンプンで、どうもK子氏的な臭いがするなと思って、WriterをみたらK崎氏で、ちょっと笑ってしまいました。

これはエントリを遡ってでも、川の果てさんへお伝えせねばと思った次第です(笑)。

>セパック ボラ様 - 川の果て

2010.08.24 Tue 22:52 URL [ EDIT ]

わざわざお伝えいただきありがとうございます(笑)

そのNumberは香川の記事のタイトルを見て、「冗談じゃない。香川がイニエスタになったら誰が点を取るんだ」という憤りが生じてきてしまいました。

インタヴューのやり方がK子氏に似ているというあたりはやはり子弟なのでしょうか(笑)
弟子に比べると師匠の文章の方がすんなり読めた気はしますが、今にして思うとどちらももう一つ、「結局著者が言いたいことは何なのか」という部分が明白じゃないというのはあるような気はします。

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
HN:
川の果て
性別:
男性
自己紹介:
Favorite Team
 Americanfootball
 Chicago Bears
 Jacksonville Jaguars

 Football
 Leeds United
 FC Dynamo Kiyv
 IFK Goteborg
 VfB Stuttgart
 Shonan Belmare
 etc...

 Baseball
 Tokyo Yakult Swallows

 アンケート 
 兄弟?ブログ 
管理人専用・管理ページへ

Otava
Twitterをまとめてみたもの。
 あけるなるの部屋 
 最新コメント 
[10/16 川の果て]
[10/16 Grendel]
[10/13 アッペルシーニ]
[10/13 セパック ボラ]
[10/10 緑一色]
 Twitter 
 カウンター 
  
あわせて読みたい
 アクセス解析 
▼ リンク
リンク

阿呆LOG

もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

off  the  ball

地理屋の思いつき

フットボール一喜一憂

キングのオキラク蹴球記

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

破壊王子流勝手日記

加賀もんのブログ

ニセモノのくせに生意気だ

時評親爺

UMATOTO2号館・本館

コグログ

スコログ

スポーツ井戸端会議+α

おちゃつのちょっとマイルドなblog

自分的な日常

しろくろひつじの見る夢は

スカンジナビア・サッカーニュース

Ali della liberta (in Stadio)

ごったでざったなどぶろぐ

一期一会~人と人との出会い~

オレンジころころ

◆ Football Kingdom ◆

What's On...

あんとんきちなダンナ

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

漠々糊々

大門の日常

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

アロマサロンを開いてみて

【しろうとサッカー研究所】

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

ペッタンコ星人

RYAN ROAD

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

スポーツ瓦版


休止中


がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

なんでも。


流れ星におねがいするのニャ!

フットボール問わず語り

Skandinaviska Nyheter ~スカンジナビア・ニュース~

Renaissance 復興の記

ひとりごと記録

フットボール言いたい放題

ごった煮

Star Prince JUGEM

プレミア “F"

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

A lazy life

思いつくまま

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪

九州っこ





▼ 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
▼ ブログ内検索