忍者ブログ

[PR]

2017.08.24 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オランダ代表のトレーニングキャンプメンバーが発表

2010.05.04 - サッカー
といいつつも、チャンピオンズリーグ決勝に出るロッベンとスナイデルはいなくて、あるいはファン・デル・サールが復帰するかもしれませんから、今回のメンバーがどの程度のものなのかというのは結構微妙なところです。GKが4人呼ばれているということは、GKにはやはり不安を感じているんだろうなぁと。

8月31日の夏季課題状態?
ということで、ちらほらと本大会向けのメンバーを発表するところが出てきていますが、以前書いたように親善試合が3試合も流れてしまったチリは国内組の総点検のため5日に試合をするということで本大会向けメンバーは時期尚早のようです。

ブランがフランス代表監督になるとボルドーサポは激怒?

ボルドーが突然調子を落としたのはブランが代表監督を打診されたことに対する不安があるというのがあるというのは以前から言われてましたが、ボルドーの幹部も「シーズン中なので静かにしてほしい。その後でブランが最終的に決めること」みたいに示唆するようなことを言ったそうで。
これでブランが代表監督になればボルドーにしてみると裏切られた気分になる、というような危惧もあるようですが、よくよく考えると東洋の某島国はシーズン中にぶん獲ってしまったので、フランスサッカー協会よりも更に凄いと言えるのかもしれません(笑)


というか、オシムさんはもうジェフの仕事にするつもりはないんだろうか。

審判とどう向き合うか
昨日、横浜FCと甲府の試合の主審の判定について書いたところ、ジョカトーレ・Fさんから「冗談じゃないよ」というお叱りの言葉を受けてしまいました。
それでまあ、一部に関することはそのコメントの中で書いたのですが、それ以外の主審に関することを追加として。こういうことを書くと火に油を注ぐことになりかねない部分もあるわけですが(苦笑)

詳しく規則を見ていないので、権限の根拠とか範囲とかは分からないのですが、Jリーグは主審に対する懲罰権などを有しているようで、例えば家本氏が研修を受けたり別のリーグに派遣されたりしたというのはその一つの例となっております。
ただ、この懲罰権の公私の行使態様というのが現状何か恣意的、という印象があります。
というのも、過去には家本氏レベルで済まないことをやってしまった主審、例えばFIFAに再試合をさせなければならないくらいの誤審をしてしまった吉田寿光氏なんかがいるわけですが、彼が国際主審資格を失った以外の罰を受けたというような話はないわけで、それからすると単純に試合後に荒れてしまっただけで研修になったという家本氏はちょっと割が合わんのではないかという気もしないではない。
また、今季の開幕節で広島のPKからのゴールがルール違反だったわけですが、それをうっかり見逃した岡部氏について「研修とか数試合割当停止の処分を課す」みたいな言葉はあったものの、公式に処分が出されたわけではないと(その後氏が試合を吹いたか見てませんので、事実上の処分は受けているのかもしれないが)。
ということで、どの程度のことをやれば処分対象になるのか分からないということで、この不明確を放置しておくと主審がリーグに阿ってしまうんじゃないかとかそういう危惧が出てきます。

まあ、これについては実は恣意的とかそういう話ではなくて、去年のフロンターレのこととかもありますし、Jリーグの主審に対する懲戒処分というのはスポンサー(ゼロックスなりナビスコなり)に対するパフォーマンス向けでそれ以外の局面で直接的な懲罰権を行使するのは消極的なんじゃないかなとも思いますけどね。
と考えると、今回の判定が無茶苦茶だったとしても公式に処分が課される可能性というのは低いような気はします。

あとは余談ですけれど、日本はどちらかというと権威的な主審が多いような印象を受けますが、同じように権威的な主審が多いような印象のあるリーグとしてはスペインがあります。スペインなんかもカードが乱れ飛ぶ時は10枚以上舞いますからね。
で、スペインと日本の似たようなところというと何かというと程度問題ではありますが、自分主体のサッカーをするチームが多いということになりますかね。自分中心ということは相手に合わせないということですが、相手の中には相手チームだけではなくて主審も含まれうると。
噛みあう試合なら問題ないですが、かみ合わなくなるとどこまでもかみ合わなくなって荒れまくってしまうと。

ま、これはあくまで印象論ですが、競技は違いますが柔道なんかだと「とにかく一本、判定なんか関係なく一本こそ美しい」なんていう考え方があって、美学といえばいいのですけれど、ある意味審判軽視といえばそうともいえます。
柔道やボクシングの場合は一本なりKOが取れれば問題ないですが、球技の場合は中々そうもいかないので相手や主審と合わせて試合を作っていくのも大切なところ。が、そのあたりの意識とか判断というのはあまりないような気がします。

Jリーグの判定基準そのものは世界とは逆行してどんどん厳格化している感がありますが、案外上のような危惧があったりするので、主審の権限を強化しているなんてところがあるのかもしれません。
もっとも、それも行き過ぎると今度は選手が萎縮してしまいかねないので、その方向性がいいとも言えないのですけれど。

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
HN:
川の果て
性別:
男性
自己紹介:
Favorite Team
 Americanfootball
 Chicago Bears
 Jacksonville Jaguars

 Football
 Leeds United
 FC Dynamo Kiyv
 IFK Goteborg
 VfB Stuttgart
 Shonan Belmare
 etc...

 Baseball
 Tokyo Yakult Swallows

 アンケート 
 兄弟?ブログ 
管理人専用・管理ページへ

Otava
Twitterをまとめてみたもの。
 あけるなるの部屋 
 最新コメント 
[10/16 川の果て]
[10/16 Grendel]
[10/13 アッペルシーニ]
[10/13 セパック ボラ]
[10/10 緑一色]
 Twitter 
 カウンター 
  
あわせて読みたい
 アクセス解析 
▼ リンク
リンク

阿呆LOG

もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

off  the  ball

地理屋の思いつき

フットボール一喜一憂

キングのオキラク蹴球記

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

破壊王子流勝手日記

加賀もんのブログ

ニセモノのくせに生意気だ

時評親爺

UMATOTO2号館・本館

コグログ

スコログ

スポーツ井戸端会議+α

おちゃつのちょっとマイルドなblog

自分的な日常

しろくろひつじの見る夢は

スカンジナビア・サッカーニュース

Ali della liberta (in Stadio)

ごったでざったなどぶろぐ

一期一会~人と人との出会い~

オレンジころころ

◆ Football Kingdom ◆

What's On...

あんとんきちなダンナ

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

漠々糊々

大門の日常

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

アロマサロンを開いてみて

【しろうとサッカー研究所】

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

ペッタンコ星人

RYAN ROAD

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

スポーツ瓦版


休止中


がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

なんでも。


流れ星におねがいするのニャ!

フットボール問わず語り

Skandinaviska Nyheter ~スカンジナビア・ニュース~

Renaissance 復興の記

ひとりごと記録

フットボール言いたい放題

ごった煮

Star Prince JUGEM

プレミア “F"

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

A lazy life

思いつくまま

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪

九州っこ





▼ 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
▼ ブログ内検索