忍者ブログ

[PR]

2017.08.20 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウルグアイとガーナが勝ちぬけ

2010.06.27 - サッカー
ということで決勝トーナメントが始まりましたが、初日に出てきた4チームについては「ここから本当の戦いがスタートする」という意識よりも、「勝ち抜けてよかった」的な安心感があったのかちょっとパフォーマンスが下がっているように思いました(グループリーグの試合を見ていないウルグアイは除く)。
日本は幸か不幸か「ベスト4」を掲げているので、そのあたり安堵感でパフォーマンスが下がるというのはないと思いたいところです(笑)

ウルグアイ 2-1 韓国
(URU)ルイス・スアレス2 (KOR)李青龍
南米予選では試合になってみないとよく分からない不安定かつ意思疎通のない戦いぶりをしていたウルグアイ。
それがグループリーグは無敗の首位通過だったので、ちょっとは進歩したのかなと思ってみていたら、攻撃時にはスアレスとフォルランとスーパー2トップとおまけのカバーニにあと1人くらいが上がる程度、主として守備に人数を割くという現実的な試合運び。
ま、元来カウンターと闘争心がウリのチームなのでそれがハマっているのかなと思っているうち、韓国守備陣がヘマをやらかして早々に先制。
多分GKチョン・ソンリョンにはスアレスが見えていて、指示を出したけどブブゼラとかの音でDFが全く気付かない様子だから慌てて飛び込んで取れなかったのではないかと推測しますが、それ以前にフォルランのいた場所を考えるとフォルランのニアに構える必要があったのかなとポジショニングの部分で疑問になってきます。イ・ウンジェは鈍重な感がありましたが、そのあたりは堅実だったはずなので今回のGK交代はどうだったのだろうという気もしないではありません。川島も気をつけてもらいたいところです。

それで前半のウルグアイの戦い方に関しては「攻撃陣にスーパーな選手がいるからと無理に使おうとせず、日本と同じような現実路線を歩んでるのかな」と感心していたわけですが、日本同様に後ろに下がりすぎるきらいもあるので運動量が多くなるかな~と思っていたら、後半の開始時点ではもうへばっていたようで韓国の猛攻を受けてしまう展開に。
で、グループステージ無失点で堅守のチーム扱いを受けていましたが、守備陣はやはりほどほどの選手しかいないので韓国の攻撃陣が勢いに乗ると止められない(笑)
そこからのチャンスを韓国攻撃陣が外し続けていたので助かっておりましたが、このままだとジリ貧だな~と思っていたらセットプレーのこぼれ球を放り込まれたところにルガーノとムスケラがかぶってしまい、ルガーノに競り勝ったイ・チョンヨンのヘッドで同点に。ムスケラもいただけないし、高さがウリなのにイ・チョンヨンに負けてしまうルガーノもいかがなものかと…

これでウルグアイは大ピンチになって、実際その直後の時間帯は更に押し込まれそうになったわけですが、ここからがウルグアイらしいというべきか「苦しいなら前へ出ろ」とラインを押し上げ、しかも総力で攻めまくるという…
韓国としてみるとその時間(10分くらい)を耐え切ればウルグアイがガクンと力尽きたのではないかと思いますが、そうなる前にスアレスが芸術的なショットを決めて勝ち越しに成功。
後は慌てる韓国を尻目に淡々と時間を進めて試合終了。

韓国はウルグアイが攻勢限界点を越えて攻撃していたのでもう少し冷静にカウンターを狙えばとか、ムスレラのゴールキーピングは不安定だったのだから最後の方ではイ・ジョンスあたりを前に出して単純に放り込んでも良かったのではないかとか、試合運びに色々問題点を挙げることはできるでしょうが、同じことは30日に日本に対しても言わなければならないかもしれないのであまり言うのはやめておきましょう(笑)

ウルグアイはスアレスとフォルランという2人がいるならある程度任せきりというのもアリかと思いますが、ウルグアイならと期待していまう闘争心がイマイチな感があるのがちょっと残念。前半だけでへばってしまうのはいくら何でも…

あとはGKですかね。ムスレラは結構前評価の高いGKだったのですが、この試合に関しては採点は5くらいになりそうでマズルケビッチ(40年前にウルグアイがベスト8に出たときのGK。当時世界的名手と言われていた)が見ていれば苦い顔をしていたかもしれません。
でも前のカリーニといい、今回のムスレラといい、ウルグアイのGKはベビーフェイスが多いような。

とりあえず同じ南米-アジアということでこのウルグアイを参考に、パラグアイ対策をという世間の向きもありまして、この試合のハーフタイム中には私もTwitterにそんなことを書いたりしていましたが、試合が終わった後の感想としてはあまり参考にならない、ということになりました。
パラグアイはウルグアイほど戦い方にムラはないはずで(ペースを変えることはあってもチームが一杯一杯になってしまって無理無理意識変更するとかはしないはず)、スアレスとフォルランはいない代わりに(といってカルドーソ、アエド・バルデス、バリオスが侮れるわけでもないが)守備はもう少し粘り強いでしょうからね。

ガーナ 2-1 アメリカ
(GHA)ケビン・プリンス・ボアテンク、アサモア・ギャン (USA)ランドン・ドノヴァン
劇的なロスタイム弾で勝ち抜けを決めたアメリカでしたが、前半はガーナが前から激しく来たので慌てる一方。で、トラップミスをかっさらったプリンス・ボアテンクがそのまま持ち込んでミドルを決めてガーナが先制。前半はその後もガーナが積極的に前に出てアメリカにほとんど攻め手を与えませんが、一方で自分達も最後のところでクロスが雑だったりして決定機を作れないガーナクオリティを発揮して前半は1-0のまま。

後半になると飛ばしすぎがたたったかガーナのプレスが弱まり、アメリカが得意の速攻に持ち込むシーンも増えてきましたが、そこはガーナにはGKキングストンがいるということで最後の最後は割らせない。
…が、ファウルの数は増えてきてメンサーがデンプシーを倒してアメリカにPK(この判定はそれ自体がPKというより少し前からの微妙な判定との併せ技という印象でしたが)。ドノヴァンが決めてアメリカが同点に。
その後もアメリカがチャンスの数で上回るもののキングストンの好守で阻んでいるうちにアメリカもバテてきて最後はどちらも大雑把なまま90分が終了。

その時点では「これはどちらも点が入りそうにないからPK戦かな」と思いましたが、延長前半開始3分にクリアボールに好反応を見せたアサモア・ギャンがハワードの頭越しにミドルを打ち込んでガーナが勝ち越し。120%の力でシュートを打つのが大好きのギャンがあんな冷静なシュートを打つとはと驚きましたが、90分走っていて余分な力が入らなかったのが良かったのかもしれません(笑)
その後アメリカも必死に攻めるものの、疲れからかミスも多くてそのまま試合終了。ガーナがアフリカ最後の砦を守りました。

ガーナの戦い方は組織的でありつつ、何かチーム全体として適当な部分があるわけですが、第三者的に見ているとそのあたりに面白さもあるわけでこの戦い方を続けてほしいものです。
アメリカはフィジカルを生かした速攻が生命線ですので、スピードとフィジカルに強みがあるアフリカ勢とは分が悪い部分がありそうです。



このウルグアイとガーナがベスト4をかけて対決。nobutaさんではないですが、これでベスト4なら楽なものです。
で、展望としてはどっちもどっちなのでどんな展開になっても不思議ではなさそうですが、GKの安定感はガーナのキングストンの方が上でしょうから、その分ガーナの方が勝ち上がりそうな気はします。

PR

Comment

スアレスって…な - BlogPetのあけるなる

2010.06.27 Sun 15:54 URL [ EDIT ]

スアレスって…なんだろう…?

GKで選ぶなら・・・ - nobuta

2010.06.27 Sun 22:49  [ EDIT ]

ガーナがベスト4なんですけどね・・出来れば、ずべてのブロックが南アメリカ大陸で~っていうのが今大会の理想なのかもと思っている次第です。
ちなみに、米国のPKは、あれは酷い判定でした(間違いなく合わせ技ですよね)

>nobuta様 - 川の果て

2010.06.28 Mon 01:44 URL [ EDIT ]

キングストンはいいですよね。何でウィガンで使われないのか不思議です。

ベスト4が全部南米というのは理想というほどのものでなくて普通にありえるような気がしています。

あれ一発でPKならメンサーとガーナはあまりに可哀相ですが、もっと酷い判定が続出しているのはちょっと困りものです。

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
HN:
川の果て
性別:
男性
自己紹介:
Favorite Team
 Americanfootball
 Chicago Bears
 Jacksonville Jaguars

 Football
 Leeds United
 FC Dynamo Kiyv
 IFK Goteborg
 VfB Stuttgart
 Shonan Belmare
 etc...

 Baseball
 Tokyo Yakult Swallows

 アンケート 
 兄弟?ブログ 
管理人専用・管理ページへ

Otava
Twitterをまとめてみたもの。
 あけるなるの部屋 
 最新コメント 
[10/16 川の果て]
[10/16 Grendel]
[10/13 アッペルシーニ]
[10/13 セパック ボラ]
[10/10 緑一色]
 Twitter 
 カウンター 
  
あわせて読みたい
 アクセス解析 
▼ リンク
リンク

阿呆LOG

もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

off  the  ball

地理屋の思いつき

フットボール一喜一憂

キングのオキラク蹴球記

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

破壊王子流勝手日記

加賀もんのブログ

ニセモノのくせに生意気だ

時評親爺

UMATOTO2号館・本館

コグログ

スコログ

スポーツ井戸端会議+α

おちゃつのちょっとマイルドなblog

自分的な日常

しろくろひつじの見る夢は

スカンジナビア・サッカーニュース

Ali della liberta (in Stadio)

ごったでざったなどぶろぐ

一期一会~人と人との出会い~

オレンジころころ

◆ Football Kingdom ◆

What's On...

あんとんきちなダンナ

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

漠々糊々

大門の日常

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

アロマサロンを開いてみて

【しろうとサッカー研究所】

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

ペッタンコ星人

RYAN ROAD

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

スポーツ瓦版


休止中


がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

なんでも。


流れ星におねがいするのニャ!

フットボール問わず語り

Skandinaviska Nyheter ~スカンジナビア・ニュース~

Renaissance 復興の記

ひとりごと記録

フットボール言いたい放題

ごった煮

Star Prince JUGEM

プレミア “F"

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

A lazy life

思いつくまま

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪

九州っこ





▼ 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
▼ ブログ内検索