忍者ブログ

[PR]

2017.04.29 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ムガル朝ベストイレブン

西欧がイマイチ、中華はもっとイマイチな16世紀で当初ナンバー5のうち、3人を占めてしまうなど、選考側もびっくりなとんでもない強さを見せ付けたインド勢(さすがに3人が同一地域からはアレなのでバーブルのランクを政治的に下げたほど)。
しかし、それでもインド代表を掴みきれないのはさすがに四大文明発祥の地だけのことはある? ちなみに対立候補はウマイヤ朝。個人的にはアラーウッディーン・ハルジーが好きだがギグスやリトマネン状態になっているという。いっそイルトゥミシュとかラズィーヤも入れてデリー・スルタン朝で共同戦線張るとか…(仲が悪そうだが)?

ちなみにシェール・シャーが出られないというのはさすがにないということで、「バーブルの配下になっていた」というこじつけで参戦。背番号からも(バーブルがGKはさすがにないので1を2つつけて11)分かるようにムガル3代目扱いでもそんなに違和感ないし(もちろんバーブル一族はそうは思わんだろうが)。ラクシュミー・バーイーも厳密にはマラータ同盟所属なのでムガルではないけど、まあ、バハードゥル・シャー2世と共同戦線を張ったということで。
アタテュルクじゃないけどこの二人いないとインドの人は盛り上がらないでしょ(本当か?)。というか私が盛り上がりません。

あと、目立たないけどアンバルもまあジャハーンギール立てていたということで。コーエーのシミュレーションゲームとかで武将とかの所属が無茶苦茶になってることがあるけど、何となく分かる気がしてきた(笑)
しかし、サファヴィー朝といい、デカい国は後から独立したのが多いので、何気に創業者一杯で能力値だけは高そうなのが増える…


インド代表候補A(ムガル朝)
⑦    ⑪

⑰               ⑩
③    ④


⑬     ⑤    ⑥     ②

①バイラム・ハーン
②フマーユーン
③シェール・シャー
④アクバル
⑤ジャハーンギール
⑥シャー・ジャハーン
⑦アウラングゼーブ 
⑩ラクシュミー・バーイー
⑪バーブル
⑬ラージャ・マーン・シング
⑰マリク・アンバル

⑧バハーラム・シャー1世
⑨アブル・ファズル
⑫ラージャ・トーダル・マル
⑭ヌール・ジャハーン
⑮ミール・カマルディン
⑯タンセン
⑱グラム・カーディル
⑲ミール・ジュムラ
⑳バハードゥル・シャー2世

COACH シャー・アーラム2世
攻撃110   守備100    戦術55   チームワーク60

優れたタレントを多数擁しており、特にドイス・ボランチの強力さは世界史に数多くのチームあれどもナンバーワンといっても過言ではない(ローマ帝国の3センターが対抗馬?)。
当然チームを支えるのはそのシェール・シャーとアクバルだが、彼らに頼り切りではないのも強み。

攻撃はバーブルが中心となり、運動量やミドルシュートなどで畳み掛ける。馬力と根性のアウラングゼーヴは嫌われ者だが、決定力の高さは折り紙つき。
守備はGKのバイラム・ハーンが中心となり、センターラインは強力。サイドもマリク・アンバルとラクシュミー・バーイーという破天荒なウイングを擁しバリバリに攻めるが、その後ろはやや難点ありか。

それ以上に最大の難点は指揮官だが(戦術が低いのはそのため?)、チームが必死に優秀な英国人指揮官(チャイニーズ・ゴードンをインディアン・ゴードンにしたいとかしたくないとか)を探しているので何とかなるだろう。
また、多国籍ゆえチームワークにも難点があるが、サファヴィー朝のわがまま連中とは異なり、シェール・シャーとアンバルは暴れん坊オンリーではないので、バーブル、アクバルらが宥めることに期待したい。

控えはヌール・ジャハーンのプレースキック、攻撃ならミール・カマルディン、守備固めならトーダル・マルがいる。その他は微妙なのも多いのはネタ重視ゆえか。

バイラム・ハーン(S) 起死回生のセーブで味方の劣勢を跳ね返すなど、ここぞという時にとんでもない集中力を発揮する。DFラインに対する指示も正確だが、あまりに目立ちすぎているので4番に睨まれているとかいないとか。
マーン・シング(A) 上がる時にはとことん上がる攻撃的SB。アクバルとの連携も良好で穴は少ない。
ジャハーンギール(A) 能力がないわけではないし、性格も悪くはない。ただチームの主流派ではないため拗ねているとの噂がある。更に妻が試合に出た方がいいのではないかと言われるなど、色々気の毒。
シャー・ジャハーン(S) 頼れるリベロ。攻撃大好きでホイホイと出て行っては貴重なゴールやアシストもあげるが、軽率との謗りも多い。また精神面に弱さがあり、ムムターズ・マハルが応援してくれているうちはともかく彼女がいなくなると途端に乱行に走るとか。
フマーユーン(C) 素質だけならチームで一番との噂がある(byバーブル)が、遊び好きなので大成することはできず、普通以上の力はもっていない。ただし、運気だけは高いので時に美味しいプレーを行うことも。SBの位置についているが、守るつもりはあまりなく、美味しく攻めあがる機会を待っている。
シェール・シャー(SSS) チームの大黒柱その1。虎をも締め上げるというフィジカルは反則的といってよく中盤の守備でヒケを取ることは皆無といっていい。攻撃時には派手なプレーは少ないが、「彼の出すパスはすべて道が確保されてるのではないか」と称されるほど正確なパスでゲームを絶えず組み立てるので、まるで心配することなく見ていられる。ただし、アクバルに比べると若干運がなく、FK時に壁に入ったら超強烈なのをくらって負傷とかそんなこともあるとか。
アクバル(SSS) チームの大黒柱その2。虎をも撃ち殺すというキック力は反則的といってよく中盤の攻撃でヒケを取ることは皆無といっていい。自分は太陽神と信じている困ったタイプだが、精力的に動きながら次々と相手を崩す圧倒的なそのプレーが神に近いのも事実。また、味方がミスをしてもいい意味で神様らしく寛容に受け止めることもできる(ただしジャハーンギール除く)。まとまりのないチームにおいて彼のマネジメント力の真価が問われている。
バーイー(S) 果敢な攻撃が目を引く人気者だが、向こうみずなのでケガも多い。後ろがアレなのでサイドで劣勢になることも多いが、「我が右サイドは絶対に放棄しない」と引くことはない。おかけでよく孤立しているが。
アンバル(S) アフリカから流れてきた流浪人がユースチームにも所属できないまま(ちょぃ誇張あり)叩きあげとして登りつめてきた。そのハングリー精神は飽くところを知らないが、意外にも後方で組織的に動くのが好きなところもある。
バーブル(SS) 生まれゆえかとにかくプレーに華があり、また豪快なロングシュートを決めたり、ピッチを縦横無尽に走り回るプレースタイルも好感を呼ぶ。ただし、意外とポカも多く、つまらないボールロストをして慌てて相手を追いかけることも。また他人には理解不能の理由で退場することも多い。
アウラングゼーブ(SS) プレーは堅実で、自分に厳しく節制しており、88分間全力で走り回ることができるというとことんまでプロらしい選手。それでいて他人に対しては厳しくないのは理想的だが、たまにカッとなることも。ゴール征服にかける意欲の高さは半端ではなく、それゆえに一部選手から嫌われることもあるが、試合終盤には「もっとボールに触るプレースタイルもあったのではないか」と後悔することもあるとかないとか。

ヌール・ジャハーン(A) ジャハーンギールよりよほど役に立つとの噂もあるが、自らスタメンを望むことなくベンチに座っている。もっとも、控え目なわけではなく、後半の美味しい時間帯でFKを蹴りたいと考えているとかいないとか。
グラム・カーディル(C) アタッカーの控えだが、シュートするより相手を削る方が好きとの噂もある困った選手。やられればほぼ確実に報復するが、あまりにおおっぴらにやるので後でしかるべき処分を受けている。
ミール・ジュムラ(A) ピッチ外では移籍しまくり、素行の悪さなど大変だが、何だかんだと役に立つらしい。

シャー・アーラム2世(D) 監督だが権限は何もない。どんな有様かというと「偉大なアクバルやアウラングゼーブの指揮官が、年老い、盲目のまま権威を剥ぎ取られ、貧しい境遇に追いやられて、ぼろぼろになった小さな屋根付きベンチに座っている。この小さな屋根は指揮官の威儀のかけらであり、人間の誇りの形骸である」と酷評されるくらい。だけど心配しなくていい。実際に指揮をとるのは彼を傀儡にしているイングランド人だからきっと正しい作戦をとってくれるさ<いいのかそれで?

ムムターズ・マハルは応援団長なのだろう、多分。

PR

Comment

無題 - Grendel

2011.06.25 Sat 21:50  [ EDIT ]

相変わらずの凄まじい知識量ですね。
この軍団だと国立ではなくタージマハル(正確には建物なのでその周辺)が聖地と言う事でしょうか。
そう言えばshinobiのコメントの仕様も変わったみたいで

>Grendel様 - 管理者からの返答

2011.06.25 Sat 22:41

ムガルはある程度調べれば20人は出てくるので楽でした。アクバル時代の功臣とかがネタ系人物に大分押されてしまったとかあるのですが。

ムガルはタージマハルか赤い城が本拠地でしょうね。ということはユニの色は赤と白のアトレティコ型…?

shinobiのコメント仕様はそのままなのですが、こういう返信方法があったということに最近気がついて、自分のコメントでコメント欄埋めるのも何だかアレなのでこちらに切り換えました。

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
HN:
川の果て
性別:
男性
自己紹介:
Favorite Team
 Americanfootball
 Chicago Bears
 Jacksonville Jaguars

 Football
 Leeds United
 FC Dynamo Kiyv
 IFK Goteborg
 VfB Stuttgart
 Shonan Belmare
 etc...

 Baseball
 Tokyo Yakult Swallows

 アンケート 
 兄弟?ブログ 
管理人専用・管理ページへ

Otava
Twitterをまとめてみたもの。
 あけるなるの部屋 
 最新コメント 
[10/16 川の果て]
[10/16 Grendel]
[10/13 アッペルシーニ]
[10/13 セパック ボラ]
[10/10 緑一色]
 Twitter 
 カウンター 
  
あわせて読みたい
 アクセス解析 
▼ リンク
リンク

阿呆LOG

もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

off  the  ball

地理屋の思いつき

フットボール一喜一憂

キングのオキラク蹴球記

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

破壊王子流勝手日記

加賀もんのブログ

ニセモノのくせに生意気だ

時評親爺

UMATOTO2号館・本館

コグログ

スコログ

スポーツ井戸端会議+α

おちゃつのちょっとマイルドなblog

自分的な日常

しろくろひつじの見る夢は

スカンジナビア・サッカーニュース

Ali della liberta (in Stadio)

ごったでざったなどぶろぐ

一期一会~人と人との出会い~

オレンジころころ

◆ Football Kingdom ◆

What's On...

あんとんきちなダンナ

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

漠々糊々

大門の日常

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

アロマサロンを開いてみて

【しろうとサッカー研究所】

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

ペッタンコ星人

RYAN ROAD

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

スポーツ瓦版


休止中


がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

なんでも。


流れ星におねがいするのニャ!

フットボール問わず語り

Skandinaviska Nyheter ~スカンジナビア・ニュース~

Renaissance 復興の記

ひとりごと記録

フットボール言いたい放題

ごった煮

Star Prince JUGEM

プレミア “F"

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

A lazy life

思いつくまま

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪

九州っこ





▼ 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
▼ ブログ内検索