忍者ブログ

[PR]

2017.11.21 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大会の予想を不真面目にしてみた

2010.06.06 - サッカー
ということで、そろそろ開幕なので当たらない予想でもしてみましょう。

まず、色々な予想の中で触れられているのが、「ヨーロッパの国はヨーロッパ開催でないと優勝できない」というやつ。これを引き合いにして南米勢優位なのではないかという風に語られているわけですね~。

もっとも、南米勢にしてもアメリカ大陸以外で優勝したのは、58年のスウェーデンと02年の日韓(共にブラジル)でそれ以外は負けてるわけですから、上の2回がたまたまと取れば(例えば02年の日韓の決勝のドイツにはバラックがいなかったとか、58年のスウェーデンにはノルダールがいなかったとか考えれば100%あてはまらない理屈ではない)、そんなにアテになるものでもないような気がします。
もちろんブラジル人選手は世界中でプレーしていますから、どんな状況であっても適応しやすいというのはあるのかもしれませんけれど、今回のブラジル代表にアフリカでプレーしたことのある選手がどれだけいるかというと(日韓でプレーしたブラジル人選手は代表クラスならいるので情報収集はしやすいはず)いないはずなので、多分いないのではないかと。

なのでまあ、とりあえず私としてはこのジンクスは採用しないことにします。

それと派生して、開催大陸が優位というのがあるかもしれませんが、カメルーンはお家騒動ですし、コートジボアールも同様。アルジェリアは一見穏和そうに見えて、実は一番キレやすいので困り者です。
ナイジェリアはそれに比べるとややまともにはなりましたが、反比例して選手は落ちた印象。
この点、ガーナはかなりまともに運営されている部類で、一番期待できるのはガーナだろうと思っていたのですがエッシェンがいなくなってちょっと苦しいか。
もっとも、実は開催国南アフリカは結構しっかりやっているようなので、チームはアレですが開催地アドバンテージをフルに生かせる要因は備えていそうです。

その他、ありうるとすれば治安の悪いところで試合中も例のブブセラが多いということもありますから、殺伐とした雰囲気になってしまいそうな予感も。
既に故障者が何人か出ていますが、大会に入ってからもドカドカと怪我人が出るんじゃないかなぁと。昔良くあったらしい、「いかに相手を効率よく潰し、自分達は潰されないか」なんてのが大切になってきそうです。
ということで、連覇100%無理と言われているイタリアですが、相手を潰すことにかけては並ぶ者がないわけなので、南アの雰囲気に慣れれば結構やるかもしれません。

グループA
①南ア 2-1 メキシコ   ウルグアイ 1-1 フランス
②南ア 1-1 ウルグアイ   メキシコ 0-1 フランス
③南ア 1-1 フランス   メキシコ 1-0 ウルグアイ
ま、ここは開催国クオリティということで。 
1位南アフリカ、2位フランス

グループB
①韓国 0-0 ギリシア   アルゼンチン 1-2 ナイジェリア
②アルゼンチン 2-0 韓国   ギリシア 1-0 ナイジェリア
③アルゼンチン 2-1 ギリシア   韓国 2-2 ナイジェリア
アルゼンチンはしょっぱなからナイジェリアに負けて、「えーっ!?」と思わせつつ、一応体裁は取り繕うみたいな雰囲気。そのナイジェリアもギリシアに負けて韓国にも押し込まれて金星を不意にしそうになりつつ、辛うじて得失点差で勝ちぬけ決定。
1位アルゼンチン、2位ナイジェリア

グループC
①アルジェリア 0-3 スロヴェニア   イングランド 1-0 アメリカ
②イングランド 4-1 アルジェリア   アメリカ 0-1 スロヴェニア
③イングランド 1-0 スロヴェニア   アメリカ 2-0 アルジェリア
徹底的に照準を絞ったスロヴェニアがボロボロのアルジェリアを粉砕。対抗馬ではあるものの得意のカウンターを研究されると武器が少なくなるアメリカはイングランドに体よく封印されて意外に2試合で勝ちぬけ組が決定。この展開だと最終節のアメリカ-アルジェリアで両チーム合わせて何人退場するかが見物だ(笑)
1位イングランド、2位スロヴェニア

グループD
①セルビア 1-1 ガーナ   ドイツ 2-1 オーストラリア
②ドイツ 2-0 セルビア   オーストラリア 0-2 ガーナ
③ドイツ 2-3 ガーナ   オーストラリア 1-1 セルビア
ドイツはすんなり連勝で確定させるも、セルビアとガーナが2位争いを展開。いつものようにチームが壊れないセルビアはオーストラリアを攻め立てるも、オーストラリアが意地を見せて勝ち点3を取れず。
バラック-ボアテング因縁で燃える最終節は激しいプレーの応酬で故障者続出もガーナが勝利。
1位ドイツ、2位ガーナ

グループE
①オランダ 0-1 デンマーク   カメルーン 1-1 日本
②オランダ 0-0 日本   デンマーク 1-0 カメルーン
③オランダ 1-2 カメルーン   デンマーク 5-0 日本
デンマークが堅守でオランダを完封し、調子を崩したオランダは日本相手にシュートを外しまくってチームが崩壊してカメルーンにも負ける。日本は最終戦のデンマークに勝てば勝ちぬけ決定で、「勝ち抜け決定のデンマークなら勝機あり」だったが、そこで手抜きしないのがデンマーククオリティで攻守の比重が崩れたところを突かれまくって完敗。
1位デンマーク、2位カメルーン

グループF
①イタリア 1-1 パラグアイ   ニュージーランド 2-1 スロバキア
②イタリア 2-0 ニュージーランド   パラグアイ 1-0 スロバキア
③イタリア 1-0 スロバキア   パラグアイ 3-0 ニュージーランド
守りを固めて速攻全てのニュージーランドが初出場の若いスロバキアに勝る。が、所詮は試合巧者のイタリアとパラグアイに勝るものではなく、終わってみればこの2チームが勝ち抜け。が、得失点でパラグアイが1位に。
1位パラグアイ、2位イタリア

グループG
①コートジボアール 0-1 ポルトガル   ブラジル 3-0 北朝鮮
②ブラジル 2-0 コートジボアール   ポルトガル 1-0 北朝鮮
③ブラジル 0-0 ポルトガル   コートジボアール 2-2 北朝鮮
蓋を開ければブラジル安泰、ポルトガルも攻撃は手詰まりも守備が破綻せずに2試合目で勝ちぬけ決定。3試合目はメンバーを落としたブラジル相手にポルトガルが攻め立てるも結局点を取れず。

グループH
①スペイン 4-1 スイス   ホンジュラス 2-2 チリ
②スペイン 3-0 ホンジュラス   スイス 2-0 チリ
③スペイン 3-1 チリ   ホンジュラス 1-2 スイス
「ビエルサ率いるチームは予選が良くても本選は…」がまたしても発動、偽スアソも出られないとあってはチリに何ほどのこともできようはずがなく、ホンジュラスに3回の決定機から2点を許して勝ち点を落とし、意気消沈してスイスに敗れてほぼ敗退決定。スペイン戦では「おまえが偽スアソを壊さなければ俺達は」とばかりにラフプレーに走って、セルヒオ・ラモス他何名かを負傷させて逆の意味の存在感を発揮してしまう。

決勝トーナメント
①南アフリカ 1(4PK2)1 ナイジェリア
アフリカ対決実現でアフリカ大盛り上がり。先制点はナイジェリアもその後、ラーゲルベックとチームが大声援を受けて萎縮し、追加点より失点をしないようにという積極性を欠く采配を見せてしまう。結果追いつかれてPKまでもつれて敗退。
②イングランド 0-1 ガーナ
ガーナはドイツ戦で故障者が沢山出たのでやむなく守備的な布陣をとりルーニー封じに専念。だがこれが逆に功を奏し、カウンターから何度もチャンスを作る。A・ギャンが例によって外しまくるがチームは崩れることなく、イングランドの攻撃にも耐え抜き、カウンターからついにギャンが…と思ったら途中交代で入っていたアディイアーが決めてガーナが金星。
③アルゼンチン 0-1 フランス
調子の上がらないフランスは仕方ないので完全防衛体制でアルゼンチンに臨む。アルゼンチンもイマイチ攻撃がかみ合わずに時間だけが経過していく展開に。フランスは疲れた選手から次々変えていくがこれが珍しく成功。後半途中から入ってきたアンリにとっては後ろにスペースがある展開はかつての十八番でロングボールに左から切れ込んであっさり得点。頼りにならないようで、一応仕事はする12番の活躍でフランスが勝利。
④ドイツ 2-0 スロヴェニア
予想外の躍進に勢いづくスロヴェニアだが、そういう中堅チームをきっちり叩くのがドイツクオリティ。ハンダノビッチとの勝負は避け、弱い守備陣と中盤の間をエジルやシュバインシュタイガーに徹底的に突かせる。スロヴェニアは中盤強化のために若手のクフリンを投入するも止められずに警告2回で退場するホロ苦いデビューに。
⑤デンマーク 0-1 イタリア
デンマークは堅守でイタリア攻撃陣を寄せ付けないが、一方イタリアの守備陣もデンマーク攻撃陣を寄せ付けない。中盤での激しい奪い合いが続く単調な展開だが、そうなるとイタリアのセットプレーが威力を発揮する。
セットプレーの混戦からデ・ロッシが決めて勝ったイタリアだが、試合後にデ・ロッシがポウルセンを蹴っていたことが判明し、出場停止に。
⑥ブラジル 2-1 スイス
先制したのはセットプレーからスイス。しかし、すぐにブラジルもセットプレーから追いつく。その後はどちらも中盤で潰しあう展開でブラジル人観客からはドゥンガにブーイングも出るほど。結局個人技術でポゼッションに差をつけたブラジルがじわじわとスイスを疲労させ、最後はPKをとって勝利。
⑦パラグアイ 3-0 カメルーン
グループリーグを他所のチームの内紛などで勝ち抜いたカメルーンだが、例によって自分達も「勝てたのは誰のおかげか」みたいなところで内紛を起こす。そんな状況で「カバニャスのために」頑張るパラグアイに勝てるはずもなく惨敗。一転、「誰のせいで負けたのか」という議論が沸きあがることに。
⑧スペイン 2-0 ポルトガル
イベリア対決となったものの、ユーロ2004の時とは時代が違うとばかりにスペインが圧倒。決定力不足のポルトガルだが、今回は決定機もロクに作ることなく完敗。が、C・ロナウドが最後っ屁とばかりにシャビを負傷退場させて、クラブ間も巻き込んだ議論を巻き起こすことに。

ベスト8
①南アフリカ 1-2 ガーナ
またまたアフリカ勢対決ということでより盛り上がる南アフリカ。今回も相手を萎縮させようとブブセラを吹きまくるがガーナは「堅守速攻」にかけており、そうなると南アフリカはタレント不足が露呈してしまうことに。
注文通りにギャンにやられ、更にアディイアーに追加点を決められた南アはやや甘い判定でPKをもらって1点差にはするものの、そこまで。
②イタリア 1-3 ブラジル
またも蛮行が明るみになってネガキャンの飛び交うイタリア。ピッチ中で名誉挽回…といこうにもブラジル相手だとそうもいかないし、カウンターを狙おうにもブラジルの方もカウンター狙いなので手の打ちようがない。
ブラジルにいいようにやられたリッピは最後は諦めて、ボッケッティやボヌッチを投入して経験を積ませることに。
③フランス 1-0 ドイツ
ここに来て開き直ったフランスは、守備に比重を置いてアンリとリベリーに全部任せようという極端な方針に。もっとも、個々の能力が高いので全員で守られるとドイツも攻められない。たま~にアンリがスペースを突くと一応は決定機になるフランスの方が押している展開だが、試合を決めたのはここまで4試合存在感が皆無に近かったグルキュフで直接FKをねじ込んで勝利。内容は薄いが、試合が進むごとに日替わりヒーローが出ているフランスはいいムードに。
④スペイン 2-0 パラグアイ
躍進進むパラグアイ戦を前にスペインでは「ウチの方が強いけど、ひょっとして2002年みたいに色々あって負けるんじゃあ」と不安を煽る話も多発。ついでに怪我人も多くてそこも不安。
が、シャビがいなければセスクが、ビジャがいなければジョレンテが、ということで終わってみればスペインが問題なく勝利する。

準決勝
①ガーナ 0 - 2 ブラジル
ガーナはエッシェン不在で割り切った堅守速攻が冴え渡りベスト4進出。が、相手のブラジルは遥かに格上なのに堅守速攻をベースに置いており、ガーナは持ち味を発揮できず。ブラジルは注文通りにガーナを仕留めるがドゥンガの自己賞賛と裏腹に国内の不満は高まるばかり。
②フランス 1 - 0 スペイン
怪我人続出も勝ち進むスペインと、省エネで勝ち進む術を見出したフランスの対戦。ボールキープのスペインをフランスが追い回す展開だが、再生したアンリがいい形も見せる。決勝点は抜け出たアンリがタックルを受けて転倒したところにPKの笛でリベリーが決めて勝利。リプレイで見るとアンリのシミュレーションだが、今回は世界はともかくフランスではアンリ批判は起きなかった。

3位決定戦
ガーナ 1 - 0 スペイン
3位決定戦はガーナとスペインに。憤懣やる方ないスペインとアフリカ最高位をと燃えるガーナの試合への意気込みの差は明らか。結果もそれを裏付けるものに。

決勝
ブラジル 2 - 0 フランス
3大会ぶりに実現したフランスとブラジルの直接対決。ジダンやペレが色々論議をするが、やはり世界一のチームが堅実に戦うと強かった。決勝の立役者はここまで必ずしも目立っていたわけでもないカカーで、CKから珍しい2発のヘディングシュートを決めて勝利。

う~む、ブラジルとかスペインが単純に優勝というのでは面白くないので、負けそうなネタを探してみましたが、それでもブラジルが優勝しそうな予想になってしまいました。
ネタ的にも優勝とはやはり凄いんだなぁ(どういう感心の仕方だ)

PR

Comment

ブラジル優勝は納得 - mioeight

2010.06.06 Sun 17:31 URL [ EDIT ]

私の予想もブラジルが優勝ですね。

守備的すぎてまだ国内では批判されていることが多いのですが、ここぞというときでの勝負強さ・大舞台での経験豊富であるということも考えれば、ブラジル有利だと思うんです。

個人的にはフランスとアルゼンチン、GS敗退の可能性もありうるなと思ってます。フランスは中国2軍に1点も取れることなく敗戦、アルゼンチンはと言うと親善試合がどれも格下相手との対戦がメインで、同じレベルと対戦していないことが不安材料。

波乱を起こしそうな代表で、パラグアイとウルグアイ。どちらも調子があがってきてますから、注目したいです。

ロングな文章ですね(笑) - nobuta

2010.06.06 Sun 21:19  [ EDIT ]

でも、フランスを決勝まで残して欲しくなかったですね・・だから不真面目なんでしょうけど(笑)

無題 - アッペルシーニ

2010.06.06 Sun 23:12 URL [ EDIT ]

こんばんは。
 まさかのフランス、決勝まで残るというのは面白いです。
 監督が信用ならんという日本やフランス、アルゼンチンですが、選手が進化して結束して突き進むということもこれからはあるのかもしれないと思いました。

>mioeight様 - 川の果て

2010.06.06 Sun 23:16 URL [ EDIT ]

やはりブラジルは穴が少ないというのはありますね。もしブラジルを倒す可能性があるとすればイタリアあたりのような気はします。

フランスとアルゼンチンは五里霧中という印象なのは同じですが、本選になれば選手達も逃げ道がなくなるのでそれなりにはやるのではないかとは思います。

ウルグアイは南米5位ですが、個人として評価の高い選手がいるので楽しみですね。

>nobuta様 - 川の果て

2010.06.06 Sun 23:17 URL [ EDIT ]

全部書いたら長文になってしまいましたが、それほど時間はかかりませんでした(笑)

ブラジルとスペインの決勝だとあまりに芸がない…ということで意図的に負けそうな相手を探したのですが、ブラジルに勝ちそうな相手はいませんでした。

>アッペルシーニ様 - 川の果て

2010.06.06 Sun 23:19 URL [ EDIT ]

監督が信用ならないのは同感ですが、世界で見てみると国民に支持されている監督の方が少ないような気がします。ドゥンガにしても戦術を批判されているわけですし。

フランスはダメというところで首尾一貫しつつ、それでも前回は決勝まで進んだので今回も侮れないような気はします。

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
HN:
川の果て
性別:
男性
自己紹介:
Favorite Team
 Americanfootball
 Chicago Bears
 Jacksonville Jaguars

 Football
 Leeds United
 FC Dynamo Kiyv
 IFK Goteborg
 VfB Stuttgart
 Shonan Belmare
 etc...

 Baseball
 Tokyo Yakult Swallows

 アンケート 
 兄弟?ブログ 
管理人専用・管理ページへ

Otava
Twitterをまとめてみたもの。
 あけるなるの部屋 
 最新コメント 
[10/16 川の果て]
[10/16 Grendel]
[10/13 アッペルシーニ]
[10/13 セパック ボラ]
[10/10 緑一色]
 Twitter 
 カウンター 
  
あわせて読みたい
 アクセス解析 
▼ リンク
リンク

阿呆LOG

もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

off  the  ball

地理屋の思いつき

フットボール一喜一憂

キングのオキラク蹴球記

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

破壊王子流勝手日記

加賀もんのブログ

ニセモノのくせに生意気だ

時評親爺

UMATOTO2号館・本館

コグログ

スコログ

スポーツ井戸端会議+α

おちゃつのちょっとマイルドなblog

自分的な日常

しろくろひつじの見る夢は

スカンジナビア・サッカーニュース

Ali della liberta (in Stadio)

ごったでざったなどぶろぐ

一期一会~人と人との出会い~

オレンジころころ

◆ Football Kingdom ◆

What's On...

あんとんきちなダンナ

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

漠々糊々

大門の日常

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

アロマサロンを開いてみて

【しろうとサッカー研究所】

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

ペッタンコ星人

RYAN ROAD

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

スポーツ瓦版


休止中


がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

なんでも。


流れ星におねがいするのニャ!

フットボール問わず語り

Skandinaviska Nyheter ~スカンジナビア・ニュース~

Renaissance 復興の記

ひとりごと記録

フットボール言いたい放題

ごった煮

Star Prince JUGEM

プレミア “F"

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

A lazy life

思いつくまま

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪

九州っこ





▼ 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
▼ ブログ内検索