忍者ブログ

[PR]

2017.08.20 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スローインの科学

2008.11.08 - サッカー
一昨日、スローインに関するエントリをして、その中でプレミアリーグのストーク・シティのロングスローについてちょこっと触れました。
で、まあ、その時のコメントにも書いたのですが、個人としてのロングスローが一番凄かったのは日本の和多田だと思うのですが、戦術としてのスローインで一番凄いと思ったのは一昔前のコパ・アメリカのウルグアイ代表です。どの年代だったか忘れましたが、リマという左SBがいた頃ですね。
このリマ、当然ながら中々鋭いロングスローを投げていたのですが、実はゴールに近い場所よりも自陣からの方が味のあるスローインを投げていたのです。


相変わらず分かりにくい図ではありますが、要は左サイドでスローインになるとFWが裏のスペースへとまっしぐらと走り出し、リマがすぐにそのスペースにポーンと投げ入れるわけです。SBですからサイドラインから近いということですぐにスローインができるわけで、その分相手の守備陣形の隙を突ける可能性が高いわけです。相手も常識的に近くはともかくスローインで裏全体をケアするというのは中々考えないわけで、実際当時のウルグアイはこれで左サイドを何度か切り裂いておりました。切り裂いたという表現が正しいのかは微妙ですが(笑)
残念ながらリマには和多田やデラップのように40m以上強烈なスローインを投げることはできなかったようですが、もしそのクラスのロングスローができるSBがいたとしたら、サイドを切り裂くのみならず自陣からのスローイン一発でGKと1対1になるという可能性もあります。何せスローインではオフサイドはないわけですからね。
ちなみにサイドハーフが急いでスローインのボールを取りに行き、ラインの外を疾走するリマにトスをしてリマがその勢いのままスローインをするという、違う競技のようなシーンもありました。これは中々痺れる戦術で、実はこのコパ・アメリカの直後に川勝が和多田をサイドハーフにしていたくらいなのですが(笑)、何故かウルグアイはそれほど長くこのの戦術を使わなかったため、あまり陽の目を浴びることはありませんでした。和多田もサイドハーフができなかったようで川勝も何時の間にか諦めたよう。まあ、次に監督になった時にロングスローの投げられるサイドの選手がいたらやってやろうと思っているかもしれませんが(笑)

そこまでの選手を揃えられるのかという疑問はあるにしても、両SBに強烈なスローインを投げる選手を置き、FWに足の速くスタミナのある選手を置けばどんな強敵相手でも一泡吹かせられる可能性があります。
いわゆる欧州のメガクラブの選手達の中でそういうスローインを喰らった選手はほとんどいないでしょうし、これをやられるとなるとサイド攻撃が怖くなることも大いにありえるでしょう。普通は「相手ボールになってもいいや」くらいのつもりでサイド攻撃を仕掛けるわけですが、こんなスローイン戦術をやられた日には一旦相手スローインになれば即向こうの決定機になるかもしれないわけですからね。大抵のCBはFWほど足が速いわけではないのでおちおちラインを上げられなくなる可能性大ですし(くどいけれどもスローインではオフサイドはないのでヨーイドンの勝負になるから読みがいかに鋭くても足の遅いDFでは対処できない)、巧く使えばトータルフットボールを根底から覆す可能性すらあるかもしれません。まあ、それで本来のノルマをこなせるSBがいるかということはあるでしょうし、機能しだしたらFIFAがルール改正をするんでしょうけれど(笑)

NFLよりもカレッジの方がオプションプレーは盛んですけれど、同じことはサッカーでも言えそうで多分CLとか何大リーグとかの試合よりも、誰も見ないような試合の中に意外な戦術の可能性が潜んでいそうな気がします。
それもまた地味な試合を見る楽しみでもあるわけですけれどね。
PR

Comment

スローインといえば - Dee

2008.11.08 Sat 08:16  [ EDIT ]

デンマークのテフティングでしょう。
あまりに驚異的なので彼の投げる前にユニフォームで拭く動作が禁止になったとか・・・。

>Dee様 - 川の果て

2008.11.08 Sat 14:10 URL [ EDIT ]

ボルトンにいた頃、スローインの度にファンが名前を連呼していたなんて話もあるらしいですね。確かにトフトゥング(テフティング)のスローインも強烈でした。

禁止にされたというのは存じませんでしたが、やはりフットボールである以上、スローインでガンガンやるのは邪道なんでしょうね(笑)

無題 - JOO

2008.11.09 Sun 04:02 URL [ EDIT ]

こんばんは。
確かにスローイングは相当な武器になりそうですよね。
昔日本でも一回転して投げてましたよね。
高校サッカーでもやってるのいました。

懐かしいですね和多田。スローインに壁作られていたのは彼くらいだったのでは?
そしてそれに頭来て思いっきり投げつけてイエローもらったのも。

>JOO様 - 川の果て

2008.11.09 Sun 08:33 URL [ EDIT ]

素早く強いスローインを投げられればかなり強力な武器になるのではと思います。
一回転スロー、ありましたね。でも、普通に走るのとどちらが勢いつくのでしょう?

そうそう、和多田は壁とか作られてましたよねー。和多田の出ているヴィッセルは個人的にはかなり面白かったです。
残念ながらぶつけてイエローのシーンは完全に見逃しましたが、そんなこともやっていたんですね(笑)

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
HN:
川の果て
性別:
男性
自己紹介:
Favorite Team
 Americanfootball
 Chicago Bears
 Jacksonville Jaguars

 Football
 Leeds United
 FC Dynamo Kiyv
 IFK Goteborg
 VfB Stuttgart
 Shonan Belmare
 etc...

 Baseball
 Tokyo Yakult Swallows

 アンケート 
 兄弟?ブログ 
管理人専用・管理ページへ

Otava
Twitterをまとめてみたもの。
 あけるなるの部屋 
 最新コメント 
[10/16 川の果て]
[10/16 Grendel]
[10/13 アッペルシーニ]
[10/13 セパック ボラ]
[10/10 緑一色]
 Twitter 
 カウンター 
  
あわせて読みたい
 アクセス解析 
▼ リンク
リンク

阿呆LOG

もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

off  the  ball

地理屋の思いつき

フットボール一喜一憂

キングのオキラク蹴球記

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

破壊王子流勝手日記

加賀もんのブログ

ニセモノのくせに生意気だ

時評親爺

UMATOTO2号館・本館

コグログ

スコログ

スポーツ井戸端会議+α

おちゃつのちょっとマイルドなblog

自分的な日常

しろくろひつじの見る夢は

スカンジナビア・サッカーニュース

Ali della liberta (in Stadio)

ごったでざったなどぶろぐ

一期一会~人と人との出会い~

オレンジころころ

◆ Football Kingdom ◆

What's On...

あんとんきちなダンナ

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

漠々糊々

大門の日常

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

アロマサロンを開いてみて

【しろうとサッカー研究所】

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

ペッタンコ星人

RYAN ROAD

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

スポーツ瓦版


休止中


がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

なんでも。


流れ星におねがいするのニャ!

フットボール問わず語り

Skandinaviska Nyheter ~スカンジナビア・ニュース~

Renaissance 復興の記

ひとりごと記録

フットボール言いたい放題

ごった煮

Star Prince JUGEM

プレミア “F"

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

A lazy life

思いつくまま

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪

九州っこ





▼ 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
▼ ブログ内検索